忍者ブログ
Admin / Write
モニター越しの、そこにいるあなたへ。
2017.11.24 Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016.03.23 Wed
東方いよしこく祭3イラストコンテスト1位幽々子色紙

改めまして東方いよしこく祭3ありがとうございました!

イベント前に線画のポストカードを公開しておりましたが、こちらの幽々子でイラストコンテスト一位をいただけました!

東方いよしこく祭3イラストコンテスト1位

投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。
他のエントリー作品も力作揃いで、賞をいただけた時は手や足が震えました。

こちらの色紙はアフターイベントのじゃんけん大会の景品となりました。
そして手にした方にしかわからなかったのではないかと思いますが、実は裏面に句が書いてありました。

花見路や 蝶の旅立 あと於ゆく  寛亭


松山城堀之内俳句が刻まれた硯

イベント前日に松山城の周辺を散策したのですが、その際に敷地内で見つけた「俳句が刻まれた硯(すずり)」の句です。
このあたりでこうした俳句が刻まれた硯が出土したとのことで、なんとなく幽々さまにも雰囲気が似合うので書きつけてみました。
松山という街は正岡子規を生んだだけでなく、古くから俳句が根付いていた土壌のようで、町じゅうに俳句ポストや俳句の掲示物があったりと、今でも俳句が身近にあるのを行く度に実感します。


東方いよしこく祭3スタンプラリー

そうそう、毎回いよしこく祭ではスタンプラリーというのに参加しています。
カタログにスタンプを押す欄があり、それを集めると抽選に参加できる、というものです。

今回、私のスペースに回ってきたのは「」という文字のスタンプだったので、それっぽいポップと合わせて置いておきました。

以下は、今回描いたスケブのご紹介です。


東方墨筆絵スケブ古明地こいし

こいしです。このこいしは心綺楼と深秘録っぽい感じで描いてみました。
今回、あまり沢山スケブを頼まれなかったのでどのスケブも時間を掛けて描くことができました。

まだ同人誌即売会がそんなには根付いていない地方では、そもそも「スケブ」という同人即売会特有のをご存じない方も多くいらっしゃいますね。
私もかつてそうでしたが、確かにスケブはかなり独特の文化なので、無理からぬことだと思います。


東方旧作墨筆絵スケブ幻月

そういうわけで、こちらの方には初めてスケブをご依頼いただけました。
旧作の幻月です!羽根がポイントです。幻月がお好きな方も、意外といらっしゃる気がします。


東方墨筆絵スケブメディスンメランコリー

こちらは「猫耳のメディスン」というリクエストでした。
猫耳だけでなく、メディスン単体としてもなかなかよく描けたと思います。


東方墨筆絵スケブレミリア

こちらのレミリアも、人生で初めてスケブを頼むという方にご依頼いただけました。
今回は時間があったこともあり、気合が入りました。

くれなゐの 二尺伸びたる 薔薇の芽の 針やはらかに 春雨のふる

という正岡子規の短歌をレミリアの裏に書いてみました。
春と紅と薔薇を表現した正岡子規の句を偶々知っていて良かったです。


東方色紙anagramFROMアレンジCDジャケット魔理沙

そしてこちらは、ちょっと特殊なスケブ…というか色紙です。
東方アレンジサークル「anagram」さんと随分前から知り合いなのですが、今回のイベントでとてもお世話になったので、そのお礼に描いた魔理沙のanagram'FROM'バージョンです。

anagramさんのこちらのCDのジャケットの魔理沙を描いてみました。
FROM」という、セルフリアレンジCDです。
ジャケットのイラストが毎回、独自性のある絵柄と色彩でとても素敵です。
喜んでいただけて私も嬉しいですね。
そこで初めて知ったのですが、なんと最近ご結婚されたばかりだとか!
その時点ではそれを知らなかったのですが、結果的にお祝いのようになって良かったです。

そんな感じで、大きいイベントだけでなく、地方の即売会も一つ一つ、思い出深いものばかりです。
また皆様にお会いできる時を楽しみにしております!
   HOME   
470  469  468  467  466  465  464  463  462  461  460 
profile
calendar
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
search in this blog
read more
daily & art
Twitter
pixiv
忍者ブログ [PR]
PR