忍者ブログ
Admin / Write
モニター越しの、そこにいるあなたへ。
2017.12.18 Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2016.11.01 Tue
秘封倶楽部ガレージキット蓮子メリー
秘封倶楽部ガレージキット蓮子メリー
↑クリックで大きくなります

前の記事でご紹介させていただいた切り絵アクリルプレートを作るにあたって、フィギュア原型を作られたi-con様の秘封倶楽部の世界観を可能な限り保ったままにしたい!という思いがあり、12月発売となるPVCフルカラーフィギュアの元となった、ガレージキットを素組みしていました。

ガレージキットというものをご存じない方も多くいっしゃると思いますが、フィギュアのパーツがバラバラになっているものを、自身で組み立てるという趣味の一つです。

ガレージキット素組み制作道具

簡単に言うと、プラモデルのような感じですね。
一般的には、塗装(着彩)もカラースプレーなど塗料を使い、自身で仕上げます。


秘封倶楽部ガレージキット蓮子メリー

秘封倶楽部ガレージキット蓮子メリー

全て真っ白のフィギュアというのも、なかなか見られないものではないでしょうか。


秘封倶楽部ガレージキット蓮子メリー

パーツから組み立てていくため、完成時には角度的に隠れてしまってなかなか見られない部分もじっくりと見ることができます。
こちらは、マントと帽子を付けていない、蓮子の背中からのショットです。
編み上げコルセットの背中にも、本当に小さなリボンが付いています。


秘封倶楽部ガレージキット蓮子メリー

一切着彩がされていないので、自分で鉛筆で目を入れています。


秘封倶楽部ガレージキット蓮子メリー

そうそう、写真だと大きさの感覚がわかりづらいのですが、実際は私の手のひらと比較してこんな大きさです。
写真の印象よりずっと小さく繊細で、まさに手のひらサイズといったサイズです。


秘封倶楽部ガレージキット蓮子メリー

方眼と合わせてみるとこんな感じです。
台座の円が約10cmといった感じですね。


今回初めてi-con様のガレージキットを組んでみましたが、触れれば触れるほど、その繊細さが実感としてわかりました。
それだけでなく、パーツ同士、パーツの一つ一つが美しいパズルのように計算しつくされて組み上げられているのが、組み立ててみて初めてよくわかりました。

12月に発売されるPVCフィギュアは、完成品ですのでもちろん着彩済みフルカラーで組み立てる必要も一切ありません。

秘封倶楽部i-conフィギュア蓮子メリー 

こんな美術品のように素晴らしいフィギュアが、一人でも多くの人の手に渡ってほしいと思うと共に、それに少しでも関わらせていただけて光栄な限りです。

   HOME   
498  497  496  495  494  493  492  491  490  489  488 
profile
calendar
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
search in this blog
read more
daily & art
Twitter
pixiv
忍者ブログ [PR]
PR